第5回9条世界宗教者会議

June 9, 2016

主の御名を讃美します

 

火曜日から本日まで、第5回9条世界宗教者会議に参加さいてきました。

昨日の、ニュースでも大きく報道されましたが野党が市民連合と共闘して

一致団結して、次の参議院選に臨むという報道をご覧になられた方も

多くいると思います。じつは、あれがこの9条世界宗教者会議の大きな働

きの一つでもあります。

 

シールズという団体を皆様も聞かれことがあると思いますが学生たちが

立ち上がって、民主主義を取り戻そうと国会前で訴えかけ10万人以上もの

人々が賛同しました。このシールズの中心的な働きをしているのは、

クリスチャンの学生達です。そして、多くの市民団体が一つになって、いまの

アベ政権を倒そうと考えているのです。

 

なぜなら、アベ政権は、この参議院

選を勝ったら必ず、数の理論で憲法を変えようとします。もうすでに、変えつつ

あるのも皆さんご存知でしょうか。私たち日本人は、戦後70年一度も、戦争で

人を殺すことも殺されることもありませんでした。しかし、いま自衛隊がアフリカの

スーダンに派遣されていることを御存知ですか。

 

アベ政権が目指しているものは、70年前の戦争が出来る日本を目指しています。

どれほど言葉を並べて、自分の国は自分で守るようなことを言っても結局は、

戦争が出来る国家を目指していて、特定秘密保護法などはまさに、70年前の

軍事国家が行ってきたものと全く同じなのです。

 

私達クリスチャンは、あまりにも政治的なことに無頓着で教会の成長ばかりを

考えてきました。しかし、一般市民の団体は、私達教会よりももっと進んで

戦争反対を声高らかに国会前で叫んでいます。

 

クリスチャンである私達がいま本当に、立たなければ、自民党(アベ政権)の

言いなりになってしまいます。

 

しかも、いぜん、投票率は50パーセント以下ということでこの国の動きが

決まってしまっているのです。60パーセントを越えた時はどうなったか。

先の(民主党)が勝ったのです。しかし、なさけないやらすぐに自民党に

戻ってしまいました。

 

この第5回9条世界宗教者会議でいまこの日本を本当に注目している国は、

ドイツと韓国でした。ドイツは、昔、日本と一緒に同盟国として歩んだ国です。

お隣の韓国は、今も、日本を注目しています。

 

しかし、当の私達日本人は、軽く考え「まいっか」のような思いで選挙にすら

いかないのが現状です。

 

オバマ大統領が広島に来ましたが、オバマ大統領が謝罪しろというような

報道が一部でなされていましたが、先に、戦争を仕掛けたのは、日本人では

なかったのでしょうか。先に仕掛けて大きな爆弾を使われたら反則だと言って

いるようでは、この国は変わりません。戦争そのものを反対しなければなら

ないのです。今回の会議は、心熱くなるような会議でした。

 

私も教会で、戦争反対を訴えていきます。

 

大矢直人

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

July 21, 2018

June 16, 2018

January 27, 2018

November 25, 2017

September 23, 2017

Please reload

Archive