教師研修会

February 23, 2017

主の御名を賛美します

 

月曜日から水曜日まで、日本バプテスト神学校に於いて

教師研修会に参加してきました。

 

落ち着いた雰囲気の中、牧師・伝道師の方々がそれぞれの

現場の悩みや、改めて牧会とは何かと学びなおすとても

恵まれた時間を持ちました。

 

立場が人間を成長させて下さることもありますが、立場に

よって多くの悩みや苦しみが与えられることもあります。

 

いつもイエス様が共にいて下さると信じながらも自分の

力や努力で解決しようとしてしまっていることも中には

あります。

 

しかし、こうした研修会を通してまた神様の恵みを再確認

しながら現場に押し出されて行きます。

 

ある牧師がこの毎年行われる研修会を車検のように自分の

メンテナンスのために大切にしているという言葉を語って

いましたがその通りだと思いました。

 

話し合いの時には、熱くなって興奮することもありますが

それも信頼の中で語られているからこそかなとも思います。

 

わたしは、今年で神学校を卒業して15年目でした。思えば

あっというまの15年でしたがあと何年、神様が用いて下さ

るか分かりませんが(44歳なので、あと20年くらいかな)

またコツコツと希望を持って歩んでいきたいと思います。

 

帆苅先生がロマ書から希望をテーマに話して下さいました。

わたしは、質問しなかったのですが苦しみや絶望の時は、

やっぱり愛かなと思いました。

 

信仰と希望と愛はいつもでも残りますがもっとも大いなるもの

は愛であるとコリントに書かれているように、パウロも多くの

人々の祈りと愛に支えられていたのかなと感じました。

 

狭い小さいクリスチャンの集まりの中で、さらに自己主張を言

い合うよりかは、愛し合いたいものですね(反省も込めつつ)。

 

日曜日は、教会へ

 

大矢直人

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

July 21, 2018

June 16, 2018

January 27, 2018

November 25, 2017

September 23, 2017

Please reload

Archive