マイノリティ宣教センター

March 9, 2017

主の御名を賛美します

 

昨日は、NCCの常議委員会に参加しました。

 

日本のキリスト教団体は、どの団体も大変な状況にあることを

確認しました。

 

しかし、その中にあって、在日大韓教会が新しくマイノリティ宣教センター

を立ち上げました。

 

いま日本の各地で行われていますヘイトの問題や一部政治的な圧力

で、歴史修正主義者達が過去の歴史を日本の良いように美化して

一方的な偏った意見で歴史を変えようとしている状況。

 

今、テレビでも世間をにぎわせている小学校の問題、あの関連の

幼稚園は、教育勅語を暗記させて幼稚園児達が語っていましたし、

体罰に近いような戦前の教育を思わせるようなしつけを良しとしている

ことにたいして、このマイノリティ宣教センターが今の世の中に

必要なことを伝えようとしています。

 

わたしたちクリスチャンが間違ったことに対して、間違っているということを

どこまで言うことができるのか。考えさせられます。

 

本来ならば、愛と赦しの宗教であるのですがそれは、この世の中に

迎合して間違っていることに目を閉ざしながら愛と赦しを語るのではなく、

時には、預言者的な役割で間違っていることに対して、それは違うと

言わなければならない時もあります。

 

残念ながら教会で語るときに、大きな分裂が起こらないように配慮

することも大切ですね。

 

沖縄では、現在も国によって不当な逮捕が行われていたり、

国が民意を無視しながら片方だけの意見を良しとして強引にアメリカの

基地を作るお手伝いをしたり、ほんとうに、この国はどこに向かって

いるのでしょうか。

 

クリスチャンと言っても自分の利益だけを主張されている方々を見ると

この世の中と同じように見えてきてしまいます。

 

何よりもまず、神の国と神の義を求めたいものです。

 

そして、愛に包まれた教会形成が行われたいものですね。

 

大矢直人

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

July 21, 2018

June 16, 2018

January 27, 2018

November 25, 2017

September 23, 2017

Please reload

Archive