ま、いっか!

May 27, 2017

主の御名を賛美します

 

先日、ある方に質問されました。

 

「教会は聖なる所でしょ?」「ではなぜ教会でも争いが起こるのですか?」

 

私はこのことを聞いて、少し違うなと思わされました。

 

教会は聖なることを求めている者たちの集まりで、教会で争いが起こるのは

自然なことだと思いました。

 

イエス様の弟子たちでさえ、イエス様が神の福音を語っているそばで、誰が

一番偉いかを言い争っているほどです。

 

私は聖餐式の祝祷の最後に、いつも「栄光が世よ限りなくイエス・キリストに

ありますように」と祈ります。

 

しかし、人間の集まりである教会もいつの間にか、自分の利益を求めてしまった

り、自己実現の場所にしようとする者たちもいます。

 

そんな中で、旧約聖書の預言者たちはいつも「悔い改めて、神を信じなさいと」

 

語ってきました。

 

私たち牧者に欠けていることは、教会の中で争いがないことが恵ではなく、

時には激しい言葉をもってでも真実を語っていかなければならない時もあります。

 

一概に争いがないのが良いこととは、考えられません。争いがないのは、なぜで

しょうか?教会で、本当に言いたいことを言っていますか?

 

間違いではと感じていることに「まいっか」と済ませてはいませんか?

 

愛することは「間違っていることを受け入れることではなく」間違っていることは、

間違っていると言ったとしても、その方々のために祈ることが愛することです。

 

教会の中で、正直なことが言えなくなっていることがうまくいっていることでも

ありません。

 

私たちが目指すことは、神様の御心が行われる教会であって、居心地が良いだけの

教会では物足りないことがあるかもしれません。

 

少しでも教会に対して、居心地の悪さがあるのならば改善するために。祈って、

勇気をもって語ることも必要ですね。

 

諸教会・伝道所の上に、神様の祝福を祈りつつ

 

大矢直人

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

July 21, 2018

June 16, 2018

January 27, 2018

November 25, 2017

September 23, 2017

Please reload

Archive