苦難、忍耐、練達、希望

主の御名を賛美します

明日は、駒込チャペルに於いて教会の今後に歩みについての説明会

が行われます。教会員は、できれば全員参加でお願いしたいです。

私が赴任して以来、今年で9年目を迎えています。赴任した時より

感じていました東京平和教会についての考えを纏めまして明日、

報告するとともに今後の歩みについての話し合いの時を持とうと

考えています。

早稲田と駒込の2つの場所での礼拝、教会がサテライトという考え

方で2つの場所で、礼拝が行われていますがはたしてそれで、一つの

教会という事ができるのかどうか。

同盟の他の教会で同じような考え方で礼拝が行われたケースがあるのか。

そういったことも含めまして、明日、皆様と共に考えたいと思います。

よく神学校では、他の教会に移ったとしても1年間は様子を見て、

あまり口出しすることなく、よく考えて、数年たってから問題だと感じ

ていることを話し合ったらどうですかと言われました。

このことは、とても大切だと感じています。他の教会に僕者が移ったからと

言って、すぐに、人間関係を築けるわけではなく、どういった状況で、

新しい牧者を招くかにもよって、違ってくると思います。

新しい牧者を期待して、待ちに待って教会員全員で迎えるのと招聘委員会

だけで、招くのと、また、前任者の思いだけで迎えるのとでは、その後の

働きに大きく影響してくると思います。

聖書には、「苦難は忍耐を、忍耐は練達を練達は希望を生む」ローマ5:3

と書かれていますがこのみ言葉は、素晴らしいなと今回改めて感じました。

イエス様のみ言葉を宣べ伝える者たち、いや、キリストの弟子たちは、全て

苦しみを受けると聖書には書かれていますし、この日本で、キリスト教を本

当の意味で伝えるには、苦しみが伴なう事でしょう。

しかし、忍耐して行うときに、仲間が与えられ、そして、仲間とともに話し

祈るときに、希望が与えられるのです。それは、人間的な希望ではなくて、

神様がともにいて下さり、解決して下さるであろう希望です。

全ての教会には、課題と問題があることでしょう。もしかすると、牧者や信徒も

嫌になって逃げたくなる時もあるかもしれません。

しかし、聖書には、不可能なことが書かれているのではなく、確かな真理が書かれて

いるとするのなら恐れず、信じて歩みたいものです。

互いに相手を優れた者と思いつつ、人間の思いではなく、神様の御心が行

われるように祈りつつ、明日の話し合いの時に臨みたいものです。

大矢直人

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts